旅立ちました

最愛の息子、大輔が昨日、8月28日に旅立ちました。
2001年のお正月ににうちの子になってから、たくさんの喜びと幸せをもらいました。

最期は用事をしている間に立っていられないぐらい衰弱してしまいました。
もっと早くに逝かせてあげるべきだったのかもしれません。
でも、できませんでした。

近所の優しいお医者さんが来てくれて、お気に入りのソファーで
眠るように行きました。
だんだん冷たくなる大輔の体を抱いて、このまま少ししたら、また目を開いてくれるかもしれないと思っていました。
今は胸に大きな穴がぽっかりと開いているような気持ちです。

愛しい、愛しい、愛しい大ちゃん、
今までありがとう。
いまでも、いつまでも愛しているからね。

13 thoughts on “旅立ちました

  • 2014年8月29日 at 7:29 PM
    Permalink

    眠るように、苦しむことなく神様のもとに旅立てたのは、シオンさんのそばにいたからこそだと思います。
    看取ることができたこと、看取られながら逝けたこと。
    悲しいけど、それすらも大ちゃんがくれた贈り物なのかもしれないですね。

    大ちゃん、会いたかったよ。
    大ちゃん、大好きだよ~。
    大ちゃん、ありがとう。

    シオンさん、とってもつらいけど、報告してくれてありがとう。
    こちらから空に向かって、ご冥福をお祈りさせてもらいます。

  • 2014年8月29日 at 7:34 PM
    Permalink

    シオンさんのことが気になって一日に何度もブログを開けてしまいました。
    大ちゃん、とうとう旅立ってしまったのですね!
    シオンさんの気持ちを考えると、涙が止まりません。
    大ちゃんは本当にシオンさんにたくさんの愛をもらって
    可愛がってもらってとても幸せだったと思います。
    大ちゃんもシオンさんのことは決して忘れないと思います。
    しばらくとてもつらい日々がつづくと思いますが・・・
    哀しみが和らいだ頃、大ちゃんの子供の時の写真や
    若くてハンサムだった時の写真を見せていただきたいです。
    大ちゃんは私の心の中にも永遠にいますよ。
    シオンさん、お体壊さないでくださいね!
    大ちゃんのご冥福をお祈りします。

  • 2014年8月29日 at 7:53 PM
    Permalink

    大ちゃんのご冥福をお祈りします。
    いっぱい悲しんで、また元気を出してください。

  • 2014年8月29日 at 8:01 PM
    Permalink

    心よりお悔やみ申し上げます。

    虹の橋があるならば。
    こじろうとぽっぽ、ぴーぴーが、大ちゃんの傍に走り寄って行くと思います。大ちゃん、たくさん頑張ったねと。お父さんとお母さんに、たくさん幸せプレゼントして偉かったねと。
    愛の大きさの分だけ、別れも辛い。
    さいごの時まで、大きな愛に包まれた幸せいっぱいの犬生だったと思います。

    大ちゃんと出会えて幸せをたくさんもらえたシオンさん。心の整理がつくには、たくさん時間がかかると思うけれど。無理せずゆっくり、シオンさんのペースで・・・ね。
    目の前から大ちゃんは消えてしまっても、シオンさんの心の中に、大ちゃんはずっと生き続けます。
    大ちゃん、そしてシオンさん。本当に頑張った!!!

  • 2014年8月29日 at 8:47 PM
    Permalink

    大輔くんは、身体の温もりをシオンさんに預けて、
    心置きなく虹の橋を渡って行ったのですね。

    もう頑張らなくてもいいのよ、ゆっくりお休みくださいね。
    お空に向かってそう言いました。

    大ちゃん、ありがとう!
    大ちゃん、忘れないですよ。
    大ちゃん、お空からシオンさんを見守ってね。

    シオンさん、お気持ちを強く持たれて下さいませね。

  • 2014年8月29日 at 8:48 PM
    Permalink

    シオンさんの腕の中で旅立てたのですね・・・大ちゃん、よく頑張りましたね。
    大ちゃんは幸せ者だね。
    大ちゃん・・わたしも会いたかったよ・・・
    優しい家族思いの大ちゃん・・・最期まで家族思いでしたね。
    大ちゃんのご冥福を心からお祈りいたします。

  • 2014年8月29日 at 9:31 PM
    Permalink

    大ちゃん、シオンママに看取られて、安心して長~い眠りに入ったまま旅立ったんだね。
    もうどこも痛くないし、体も軽くなったでしょう?
    これからはシオンママのこと、お空の上から見守ってあげてね。
    大ちゃんのこと、可愛くっていとおしくて堪んなかったママだからね。

    私も大ちゃんのこと忘れないよ。

    シオンさん、つらい中報告くださってありがとう。
    心痛めてオロオロする何ヶ月でしたでしょうが、今はご自分をとにかく労わってお大事に・・・。

  • 2014年8月30日 at 7:51 AM
    Permalink

    シオンさんの気持ちを思うと、何と言っていいのかわかりません。。パリ時代の、バターの香りが大好きな元気な大輔くんが思い出されます。ご冥福をお祈りしています。どうぞお気を落とされません様に。。。

  • 2014年8月30日 at 10:12 AM
    Permalink

    そうですか…
    穏やかな気持ちで旅立つことができたんですね。

    シオンさんに、たくさんの愛と思い出をくれた大ちゃん。
    ご冥福をお祈りしています。

  • 2014年8月30日 at 2:26 PM
    Permalink

    大輔くん、虹の橋の向こうへ行ってしまったのですね。。。
    眠るように、安らかな旅立ちですね。

    大輔くん、幸せでしたね。そして、シオンさんも。

    心がぽっかりの喪失感、分かります。。。
    例えようがないぐらい、ツライですよね。
    シオンさ~ん、たくさんたくさん泣いてください。

    大輔くんは目には見えなくなったけど、
    でも、ず~~っとずっとシオンさんご家族と一緒にいますから。
    そして、時々メッセージをくれると思いますよ~。
    シオンさんが大輔くんのことを考えてる時、
    思い出がふと蘇った時、大輔くんはそっと側にいますから~。

    大輔くんのご冥福を心よりお祈りいたします。

  • 2014年8月31日 at 8:24 PM
    Permalink

    すっかりご無沙汰してごめんなさい。
    豆太朗の飼い主、まめママMです。
    大輔くんが心配で時々お邪魔していましたが旅立ってしまったのですね。
    姫ちゃんも寂しくなりますね。

    大輔くんのご冥福をお祈りいたします。
    シオンさんもくれぐれもご自愛くださいね。

  • 2014年9月3日 at 4:58 PM
    Permalink

    シオンさんにこんなにも愛されて 
    そして 全身で その愛を受け止めてきた だいすけくん 
    深い絆が断たれるそのときが どんなにつらく 悲しくむなしいものか
    ほんとうに 何を言っても 慰めにも力にもならない気がしますが
    いつもの 明るいお元気なシオンさんに戻られる日が 永延の友、だいちゃんの
    うれしい日でもあることでしょう。
    どうぞ お体を大切になさってくださいね。
     

  • 2014年9月3日 at 7:21 PM
    Permalink

    コメントを書くのは本当に久しぶりです。
    時々、覗き見しておりました。。

    大ちゃん、虹の橋の向こうで待っててくれるでしょうね。
    それとも、、気配はずっとシオンさんのそばに居てくれるのかもしれませんね。

    どうぞゆっくり、大ちゃんの魂と過ごして下さいませ。

Comments are closed.